私には秋って、とにかくロマンスの旬ですなぁって思います。
このの憶えるようになったのは、それこそ更にいい大人になってからだけど。

ロマンスの出番や終わりはぐっすりそんな旬のことが多いんです。
さて、今回本当に私はその終わりという出番を積み増してるって当てはまる症状なんですが。

今回は、おわりに関しまして、ほんのり不思議な体験をしたので、結構独言みたいになって仕舞うんだけど、こちらで書かせて下さい。

もっともう終わってたあの旦那。
他の夫人の面影すら、見え隠れしてる時点でいよいよ圏外なんですが。

私、初めてお付き合いした顧客で、重いフラれ奴過去にもしてるから、この程度じゃ再び未練とかなんとかほとんど気にならないんですハズです。

ただ、当然そういった人並み雲散霧消的のは意識が悪くって、かといって何にもできないのが腹立たしいので、ので、あの手を使って最近の旦那を調べてみることにしました。

それから、誠に既婚ってレッテルがあったんです。
とっくに、いつ結婚したんだろう、って、今日は一年中その結果頭がいっぱいになってしまって。

もしかして、私と付き合ってる時も、結婚してたんじゃ・・・って思うと今でもこわいだ。

ロマンスのマジック
さっさと秋ゲームな旬になってきましたね。
私、ほんっとに目下食べたら間もなく寝ちゃうみたいで、それで起きたら丑三つ一時・・・。
そこから、お風呂入ったりしてたらとっくにこんなチャンス。

秋の夜長とはいうけれど、ここまでは思ってなかったなぁ。
これも年代を経た今だからこそやれるメリットというか手抜きと言うか・・・。
富山常備薬

本音もそんな時間に起きて、またようやく寝て、早朝正しく起きてっていうのが最初週貫くかって言ったらそんなこと到底行える気がしないんですよね。
ちゃんと暮らしを調えなきゃって思うけど、週末ってほんとひずみます。

さて、近頃気になる個人がまた現れたっていう結果、私ほんと今回、浮かれてます。
自分で言うのもなんなんですが、些か恐いほど旦那にはまりそうな予覚・・・。

ほら、昔、恋愛ができると、その人に影響されちゃってか、自分の嗜好とかみんな旦那に合わせちゃうような癖あったんですけど。
こうした世代になっても、おいおいそんなこと叶う自分が、案の定恋してるのかなぁって見紛う原因です。

素晴らしい年齢して・・・も凝り固まった自分の相性って普通あんまり直そうはしててももらえる要素じゃないので、無理せずにすばらしい針路にもっていけたら一石二鳥ですなって思いました。