関節痛はもとは全く感じていませんでした。
ただし、20年の時、交通事故において右足を骨折した後から、左側膝の痛みが間もなく出てきました。
おおかた右足を庇って生活をしていた為だと思います。
道筋や、歩いたりなど普通のくらししか行っていなかったものの、立って掛かる時間が長くなったり、変調としてはあるくときの衝撃で左側膝の中やお皿のそばが鈍く痛むようになりました。
あるく事でも痛みをもらい、じわじわ重さを張り付けることががたくなり、乗り物が曲がらなくなり正座も出来なくなりました。
膝が痛くて曲がらない、痛くて歩き方が変になることが多かったです。一際だんだん痛くつながる結果、毎日も手ように過ごしていました。
長い距離歩けない、正座が出来ないこともトラブルでした。
あるような感じがして、何となく曲がらない、痛みがでました。
生業で構造を変えて下の設備を取ろうとする時も、しゃがみこむ事がにくく、膝乗りも無茶でした。その様な情景の時は、反抗の乗り物でかばう結果関節痛を緩和させていましたが、そうするうちに反抗の乗り物も(骨折しているので一際)痛くなってきていました。
関節痛の原因は、水が溜まっていたようで、1度医者によって水を抜いてもらいました。
但し、直ちにたまり、追い抜く、貯まるの千日手でした。
なので漢方薬をのみ、水が溜まらないように手くらしを虎の巻として努めました。
薬を呑み積み重ねる目的にはいかないので、膝の筋肉を鍛え上げる練習を始めました。
軽々しい刺激で膝の曲げ伸ばしを行いました。直ちに効果があったは思いませんが、その後生業では関節痛は緩和し水が溜まっておらず、効果はあったのかなと思っています。

リョウシンJV錠